BLOG

オムニてあてセラピーの手引き書を公開

初めまして。オムニてあてセラピスト養成コースを担当している小見聡です。

オムニてあてセラピーは、2007年4月1日の朝に突然できるようになった施術です。最初は「神の手になった!!」、「左手に神様が降りてきた!!」などと大興奮していました。だって、触れただけで骨がギシギシ動いていって、体が整うんですもん。それまでに習った事のある観念では説明がつかない、摩訶不思議な特殊能力だと思っちゃいますよね、、

もともと物理学を専攻していた僕ですから、一体何が起きていて、体に対してどんな効果があるのか。取り憑かれたように実験と検証を繰り返しました。色々な人に実験体になってもらって。その最中にいくつか気づきがあったんです。

「あ、これ誰でもできるものなんだ」

「きっと、現代人は使い方を忘れてしまっただけなんだ」

「これが僕の追い求めていた治癒だ」

などなど、

手が変わってから約1ヶ月で正式なコースとして立ち上げ、その3ヶ月後に専門サロンをオープン。さらにその2ヶ月後にスタッフに教えて、てあては特殊能力でないことを確認。

そこから程なく、オムニてあてセラピーを教えるコースを立ち上げて一般の人にも教え始めました。そんなこんなで15年が経ち、その当時オムニてあてセラピーを教えた教え子の人たちが親世代に。てあてを知っていると、子育ての仕方が根本的に違うんです。どこか痛いところがあれば、まず触る。夫婦で触ったり、親子で触ったり

「触ろうか?」「ここ痛いから触って」

お腹が痛い時にさすってあげる。古来から本能的にしてきた行為、それがてあて。 ほんとにただ「ただ触る」だけでよいのですが、エゴやら知識が邪魔をしてただ触れなくなってしまった。 現代的になってしまった手の使い方を、本能的で原始的で神秘的な本来の使い方を思い出す為にあるのが、この手引き書であり、セラピスト養成コースです。

セラピストというと敷居が高くなりますが、てあてを習いたい人の為のコースです。 手引き書はこちらのリンクから無料でダウンロードできます。

ダウンロードページ

手引き書で自習するもよし、体験会で実際に体験するもよし、ただ受けるもよし 必要な人に「オムニてあてセラピー」を届けたい。 その一念で進んで行きたいと思います。

小見聡

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP